通販サイトを価格で比較|選択の幅が広かる!チョコレート菓子やワインの購入は通販が断然お得

インターネット通販は重さを気にせずにワインをまとめて購入できる

通販サイトを価格で比較

酒

通販でのワインの購入方法

産地、品種、メーカー等々によって星の数ほどあるワイン。欲しいワインが決まっていれば日用品の通販と同様に商品名で検索することができますが、そうでない場合まずは大手通販会社の酒販売部門や、有名ワインショップのホームページを覗いてみると良いでしょう。商品展開もわかりやすく、既存の登録さえあれば決済も簡単です。欲しいワインが決まっている場合でも、お店によって価格設定や送料が違うこともあるので、何社か見比べてみることをおすすめします。

ワインを選ぶ際のポイント

通販でワインを選ぶ際には、とにかく数が沢山あるので、まずざっくりと予算を決めてしまうことでぐんと選びやすくなります。そこから品種や好みの飲み口(辛口・甘口)で絞って行くと良いでしょう。意外な掘り出し物に出逢えることがあるので、エチケット(ラベル)で選ぶというのも一つの手です。品種がピノ・ノワール、シャルドネ、ソーヴィニヨンであれば、日本人好みで味も安定しているので、エチケットの印象だけで選んでも失敗は少ないと思います。外食先でワインを楽しむ方は、好きな味を見つけた時に品種や産地をチェックしておくと購入するときの参考になります。

セットで買うと更にお得!

ワイン通販の楽しといえばセット商品。店頭では味わえないお得感のあるものばかりです。産地や品種、テーマに合わせて5〜10本セットになったものが多く、まとめて購入することで20〜30%お得に購入することができます。時には自分が購入しようと思っていたワインが、セット商品に含まれていたなんていうラッキーなことも。ホームパーティ用に数種類ワインを選びたい、という時や、デイリーワインをまとめ買い貸与いう時にも手間が省けます。

贈答用にもおすすめ

最近では通販でもきちんと包装をしてくれるところも増え、安心して利用できるようになりました。ほとんどのお店で請求書と商品の発送を分けられるので、値段が相手にわかってしまうようなこともありません。専門店の知識を持ってしっかり梱包して送ってくれるので、プレゼントとして自分で持っていくよりも確実ですし、重い荷物を持って歩かなくとて良いのは助かります。そして突然家に贈り物が届くというサプライズが、何よりのプレゼントではないでしょうか。ワインは非常にデリケートなので、時期によってはクール便を利用することと、お店によっては発送までに時間のかかるところもあるので、余裕を持って注文するということだけ押さえておきましょう。

一度は飲みたい!ワインの人気名産地TOP5

no.1

ボルドー(フランス)

特別な日の、とっておきのワインを選ぶときにオススメの産地です。メルロや、カベルネ・ソーヴィニヨンなど生産される品種のほとんどが赤ワイン向けですが、デザートのような極甘口の白ワイン「貴腐ワイン」の生産地としても有名です。

no.2

ブルゴーニュ(フランス)

ボルドーと並ぶフランスのワイン名産地で、有名かつ高級なワインをいくつも生み出しています。ボルドーのワインは数種類の品種をブレンドしていますが、ブルゴーニュではほとんどのワインが単一品種で作られているので、品種の味をそのままのダイレクトに味わいたいときにオススメです。赤ワインのピノ・ノワールの名産地です。

no.3

シャンパーニュ(フランス)

正式名称はシャンパーニュ。ここで収穫されたぶどうを使ったワインだけに許された「シャンパン」という称号は特別感がたっぷりで、贈答用にもぴったりです。お祝いの席や、パーティなどにもとてもオススメの品種です。

no.4

モーゼル(ドイツ)

ドイツのお酒はビールだけじゃなかった。最近注目度の高まってきている、リースリングという品種の世界的な名産地。その中でも特に有名な産地がこのモーゼル。リースリングの中でもやや甘口なワインが多いので、辛口が好きな方は同じドイツ内のラインガウという産地もオススメ。

no.5

カリフォルニア(アメリカ)

人気品種のピノ・ノワールやソーヴィニヨンブランの名産地としても有名で、たくさんのデイリーワインが楽しめる。特筆すべきはナパバレーという地域のもので、小さいワイナリーで一本一本、手間暇かけて作られた個性的なワインが楽しめます。王道のヨーロッパワインを攻めたあとに、オススメの産地です。

広告募集中